写真

「死んでいる会社」に限って、課長が「会社で果たすべき役割」を正しく認識していない(写真:マハロ / PIXTA)

経営において本質的に大事なことは、たったひとつ。それは、会社が「生きている」ことである。 『現場力を鍛える』『見える化』など数多くの著作があり、経営コンサルタントとして100社を超える経営に関与してきた遠藤功氏は、「30年間の結論」として、会社や組織は「見た目の数字や業績」より、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング