政治家の「失言の歴史」にも時代が表れている 確信犯的なものから軽薄なだけの発言まで

東洋経済オンライン / 2018年11月21日 7時40分

一昔前の自民党政権では多くの議員が当選6回あたりになると「図らずも」閣僚に任命され、1年ほどの任期を「大過なく」全うしていた。担当する省庁の政策についての知見の有無など関係なかった。政治改革や政治主導の結果、そんな年功序列的人事は変わったと思っていたが、先日の安倍内閣の改造でどうやら復活したようだ。その結果、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング