写真

福井市内の路面区間に乗り入れた福井鉄道の200形電車。ホームが低いため、ドアが開くと自動的に飛び出す折りたたみ式のステップを備えていた(筆者撮影)

福井県武生市(現・越前市)出身の筆者が幼少の頃、武生から福井へ行くときに乗るのは福井鉄道福武線の電車だった。武生を発車するとのどかな田園地帯を走り、やがて福井新(現・赤十字前)駅を出ると路面電車と化して市内をノロノロと、そして堂々と走る。大名町ロータリーから福井駅前までは「ヒゲ線」と呼ばれる支線があり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング