引き抜きという「禁断の採用」はアリなのか 採用に苦しみ退職する人事担当者も出始めた

東洋経済オンライン / 2018年12月10日 7時40分

日本の多くの会社で、人手不足が慢性化しつつあります。さまざまな層の人が足りませんが、なかでも会社側が悩んでいるのは、「即戦力」となる中途人材の確保。具体的には、若手・中堅クラス、20代前半から30代中盤の人材です。 課題はわかっているものの有効な採用手法が見つからず、模索している会社が多いのではないでしょうか。そんな中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング