写真

株式市場は「米中交渉には強硬派のライトハイザー氏(右)が就任した」とのニュースで一時下落した。10日以降の株価を見るポイントとは?(写真:AFP/アフロ)

先週の主要国の株価は、下落基調を強めた。ごく短期的には売られ過ぎの面もある。 ■短期的に売られ過ぎた2つの理由とは? それは、1)株式市場における米中首脳会談での交渉進展期待が行き過ぎた面もあり、その単純な反動が出た2)一部機械的に売りを出したファンドがあったという観測が有力、といった2点による。このため、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング