日本の宿を「空売り」、中国旅行サイトの正体 快進撃を続けるシートリップの手法

東洋経済オンライン / 2018年12月11日 7時10分

日本の旅館・ホテル業界が、中国の旅行予約サイトが起こした「架空の予約受付」による混乱で揺れている。「存在しない空き部屋」を、実勢価格を大きく上回る値段で販売したこの騒動、次々と実態が明らかになってきた。 ウェブサイトや携帯のアプリを使って、簡単に宿の予約が取れる昨今、国内・海外旅行を問わず旅行関連のオンライン予約サイトは増える一方だ。はたして安全に旅の予約をするにはどうしたらいいのだろうか。今回の事例を分析しながら改めて検討してみることとしたい。 ■観光庁が注意を促す事態に 今回の問題をめぐっては12月1日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング