JR東の次世代新幹線、目指すは時速360km 製造中の「ALFA-X」先頭車公開、鼻先は鋭角に

東洋経済オンライン / 2018年12月12日 13時15分

JR東日本は12月12日、現在製造を進めている新幹線の試験車両「ALFA-X」(アルファエックス)E956形の先頭車両1両を、メーカーの川崎重工業兵庫工場で報道陣に公開した。 ALFA-Xは最高時速360kmでの営業運転を目指し、高速で走る際の騒音の低減、緊急時により早く停まるシステムの検証など、次世代新幹線の開発に向けた試験を行う車両。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング