視聴率に歯止め、フジテレビ「復活」は本物か 宮内社長「フジの得意技が成果を出し始めた」

東洋経済オンライン / 2018年12月14日 7時20分

近年、極度の不振が続いたフジテレビジョンに、復活の兆しが見え始めている。11月1日に公表した2018年4~9月期決算は大幅な改善を見せた。放送収入は前年同期比4億円減にとどまり、映画やイベント事業の好調もあり増収を確保。営業利益は45.8億円(前年同期は8.3億円の赤字)と黒字転換し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング