忘年会で「飲み過ぎる人」はやっぱり危険だ 二日酔いは身体からの重要なイエローカード

東洋経済オンライン / 2018年12月14日 7時40分

忘年会や新年会のシーズンを迎え、飲酒をする機会が増えてきた人も多いだろう。飲み会が増える時期を前に、アルコールのもたらす危険性について十分認識してほしい。 アルコールというとまず心配になるのが肝臓だろう。しかし、アルコールの身体への影響は肝臓にとどまらない。腹痛や下痢に悩まされる慢性膵炎も主因はアルコールであり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング