プロ野球「FA制度」から失われた本来の意味 長野・内海の人的補償が話題を呼んだが・・・

東洋経済オンライン / 2019年1月12日 8時10分

今オフもNPB(日本プロ野球)では、いずれの球団とも選手契約ができるFA(FreeAgent)選手の移籍が大きな話題になった。広島カープの丸佳浩、埼玉西武ライオンズの浅村栄斗、炭谷銀仁朗、オリックス・バファローズの西勇輝という働き盛りの主力選手が、他球団にFA移籍した。 また、その見返りである「人的補償」で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング