写真

「バイトン」のような新興コネクテッドカー隆盛の先にあるのは、既存自動車産業の“突然死”かもしれない(筆者撮影)

1月8~11日にアメリカ・ラスベガスで開催されている家電・IT見本市「CES」において、最も多くの人を驚かせたメーカーは、おそらく中国のEV(電気自動車)スタートアップ「BYTON(バイトン)」だろう。2017年9月にミュンヘンでブランドがローンチされたバイトンは、まだ設立3年のいわばハードウェアスタートアップだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング