「たばこ休憩」を不公平と思う人に欠けた視点 法律や働き方改革の面から考察してみた

東洋経済オンライン / 2019年1月17日 7時10分

労務管理の現場において、たばこ休憩をする社員としない社員の不公平感が話題になることは少なくありません。また、下記のように、頻繁にたばこ休憩をする社員が懲戒処分を受けたという事例もあります。 大阪府は喫煙のため勤務時間中に職場を繰り返し抜け出したとして、健康医療部の男性職員(49)を職務専念義務違反で訓告処分としたと明らかにした。2016(平成28)年4月からの2年間で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング