東急「田園都市」にも忍び寄る高齢化の危機 新移動手段やコミュニティー形成進めるが…

東洋経済オンライン / 2019年1月17日 8時0分

東急電鉄が行ってきた大規模開発プロジェクトの代名詞「多摩田園都市」。今そのエリアで、次世代モビリティーの実証実験とコミュニティー拠点づくりという2つの新しいまちづくりが進んでいる。 すでに成熟した住宅地である「多摩田園都市」で、今なぜ新しいまちづくりに取り組んでいるのか。その裏には東急の危機感が潜んでいる。 ■渋谷行き「座れる通勤バス」 1つ目の「次世代モビリティーの実証実験」としては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング