英国は「合意なき離脱」が避けられないのか 英国下院は「合意」を歴史的大差で否決

東洋経済オンライン / 2019年1月17日 10時0分

15日夜(日本時間の16日未明)に英国メイ政権と欧州連合(EU)の間で合意されたEU離脱案の受け入れ是非を問う採決が、英国下院で行われ、賛成202・反対432の大差で否決された。230票差で政府提案が否決されたのは、1924年のマクドナルド内閣の166票差を上回り、近代英国政治史に残る大敗だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング