写真

東京都立川市にあるファミリーマートとドン・キホーテの実験コラボ店舗(記者撮影)

「残念な結果だが、致し方ないというか、結果として受け止めるしかない」 東洋経済の取材に応じたユニー・ファミリーマートホールディングス(以下、ユニーファミマ)の髙柳浩二社長は1月15日、2018年12月中を目標にしていたドンキホーテホールディングス(以下、ドンキ)の持ち分法適用会社化がかなわなかったことについて、こう振り返った。 ユニーファミマは2018年10月、ドンキ株を最大20.17%取得して持ち分法適用会社とする方針を発表。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング