写真

原油先物市場は50ドル台前半で推移している。写真は上海のガソリンスタンドで給油する従業員(写真:Aly Song/ロイター)

2018年10月初頭に1バレル76ドル台をつけて以降、12月下旬には42ドル台まで急落していたニューヨーク原油先物相場(WTI)。今年に入り、50ドル台前半で推移するなど、反発機運を強めている。原油価格が値戻ししている背景には何があるのだろうか。 10月以降、原油価格が急落したのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング