リンガーハット、値上げでも大幅減益の理由 既存店売上高は前期並みを維持しているが…

東洋経済オンライン / 2019年1月22日 7時0分

人気の飲食チェーンが収益性を改善できずに足踏みしている――。 長崎ちゃんぽんの店を主力業態とするリンガーハットは1月11日、今2019年2月期の第3四半期(2018年3~11月期)実績を発表した。売上高は350億円(前年同期比3.6%増)と増収ながら、営業利益は15.6億円(同21.4%減)と大幅減益で着地した。 リンガーハットは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング