大河「いだてん」からそれでも目が離せない理由 視聴率では測れない「情報洪水」の快感

東洋経済オンライン / 2019年2月10日 7時30分

鳴り物入りで始まったNHK大河ドラマ「いだてん」だが、予想外に視聴率が伸び悩んでいる。 初回から5回までは15.5%→12.0%→13.2%→11.6%→10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という視聴率で推移しており、確かに苦戦している。 しかし、同じく宮藤官九郎脚本で、同じく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング