写真

反社会的勢力の「資金源」はネットの世界にも広がっている(写真:kumikomini/iStock)

今年1月、指定暴力団組員の男がLINEスタンプを自作、販売していたことがわかった。スタンプには、「アニキと一緒です」「本部です」「若いのを行かせます」「ヘッドに確認して」「本部は誰が泊まるの?」などの文言が添えられており、販売額は上限の600円に設定されていた。 組員が関係者にスタンプ購入を強制すれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング