写真

1995年創刊の『ウィークリー・スタンダード』は、数少ない「反トランプ」の保守系メディアだったが、昨年12月半ばに廃刊した

目下、アメリカでは、保守系メディアの激しい再編が起きている。ドナルド・トランプ大統領誕生を機に、それまで影響力を持っていた保守系論壇が衰退する一方、いわゆるトランプ派のメディアが台頭している。 日本に限らず、世界の主メディアは、アメリカの主流であるリベラルなメディア(ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなど)の報道を踏まえて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング