写真

廣済堂の子会社である東京博善の運営する四ツ木斎場。120億円を投じてリニューアルした(記者撮影)

アメリカ系のプライベートエクイティファンド・ベインキャピタルが、1月18日に廣済堂のTOB(株式公開買い付け)を開始してから間もなく1カ月が経とうとしている。 TOB開始前に400円前後で推移していた株価は、2営業日後の1月22日にはTOB価格の610円に到達。1月29日にはさらなる上昇に転じ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング