写真

親が認知症になったら、お金を管理するのはなかなか難しい。最も適切な方法とは?(写真:アイビー / PIXTA)

つい最近、最高裁判所が全国の家庭裁判所に対して、「認知症の高齢者等の後見人には被後見人の親族を選任することが望ましい」との見解を通知したという(「朝日新聞」3月19日朝刊)。 ■肉親が認知症になったら資産管理はどうすればいい? これまで、成年後見の利用を家庭裁判所に申請すると、家族などが自分を後見人に推薦しても、弁護士・司法書士などの専門職が選任される場合が多かった(「法定後見」と呼ばれる)。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング