写真

日本人が敬遠しがちな現代アートだが、世界的にはホットな投資対象となっている(写真:cba/PIXTA)

ZOZOの前澤友作社長が123億円で落札したバスキア、築地のバンクシー作らしきネズミの絵。日本でも現代アートの存在に光が差してきた。鑑賞するだけという受け身から、買うという行動を通してアートをもっと身近に、と唱える。まずは10万円の作品から、が著者のオススメだ。『教養としてのアート投資としてのアート』を書いた現代アートのオンライン販売「タグボート」の徳光健治社長に詳しく聞いた。 ■金融商品よりも平均してリターン率高い ──現代アートに関心はあるんですが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング