写真

母を自宅で看取った54歳一人息子の思いとは。写真左より看取り士の岡亜佐子さん、井上直記さんと妻の恭子さん(写真:筆者撮影)

人はいつか老いて病んで死ぬ。その当たり前のことを私たちは家庭の日常から切り離し、親の老いによる病気や死を、病院に長い間任せきりにしてきた。結果、死はいつの間にか「冷たくて怖いもの」になり、親が死ぬと、どう受け止めればいいのかがわからず、喪失感に長く苦しむ人もいる。 一方で悲しいけれど老いた親に触れ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング