写真

調剤業務の9割を機械化しているドラッグストア・トモズ「トモズ グリーンマークシティ松戸新田店」。ロボットアームが患者に処方する紛薬を取り出している(撮影:風間仁一郎)

ロボットアームが粉末状の薬が入ったオレンジ色のカセットを運んでいる。まるでどこかの工場の内部のようだが、ここは千葉県松戸市にあるドラッグストア「トモズグリーンマークシティ松戸新田店」の調剤室だ。 通常の調剤室であれば、医師の処方箋に基づいて薬剤師がせわしなく動き回り、たくさんある薬の中から適切なものを取り出している場所だ。しかし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング