写真

吉本興業の岡本昭彦社長が登壇した会見は各方面から痛烈な批判を浴びた(撮影:大澤 誠)

7月22日に東京都内で開かれた吉本興業・岡本昭彦社長の会見が波紋を拡げている。 7月20日に行われた宮迫博之さんと田村亮さんの「涙の会見」により、所属タレントをそこまで追い込んだ事務所への「逆風」が一気に強まった。 2人の会見で世間の空気は「そもそもは宮迫と亮が悪い。しかし事務所のやり方もひどい」となったのだ。 特に宮迫さんが会見で明かした岡本社長による「テープ回していないだろうな」「会見をやってもいいけど全員連帯責任でクビ。自分にはその力がある」などの〝パワハラ〟発言は大きな衝撃を与えた。 さらに田村さんによれば「在京5社、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング