写真

チューリッヒ駅で発車を待つオーストリア鉄道の「ナイトジェット」。ヨーロッパの夜行列車事業を牽引し、運行する路線はいずれも好調だ(筆者撮影)

スイス国鉄の国際旅客輸送担当責任者であるアルミン・ウェーバー氏は今年5月末、スイスの放送局SRFに対し、同国鉄がこの数年以内に夜行列車の運行に再参入する具体的な計画があることを明かした。 スイス国鉄は2009年限りで夜行列車事業から撤退したが、現在もオーストリア鉄道の夜行列車「ナイトジェット」が同国のチューリッヒを起点とした便を運行しており、いずれも高い乗車率を誇る人気列車となっている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング