写真

大型資金調達が相次ぐのは偶然ではない(デザイン:小林 由依、写真:Getty Images)

2017年に運用を開始した「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(以下、1号ファンド)は、ユニコーン(評価額10億ドル以上の非上場企業)のうちAI関連のベンチャー企業へ集中的に投資してきた。 ファンド規模は986億ドル(約10兆円)で、投資単位は「1口100億円が原則」とソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は言う。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング