写真

45分×2単元で行われたプログラミング授業。写真は5月に京都府の小学校で行われた出前授業(撮影:ヒラオカスタジオ)

7月上旬、東京都渋谷区にある区立鳩森小学校の体育館で児童たちの笑い声が響いた。 「変な動きになっちゃったよ」 3人1組になって、手元にあるタブレットを熱心に操作する子どもたちの視線は、彼らの指示を受けてしゃがんだまま歩き出す「ロボット」に集まっていた。 ■プログラミング必修化を前に教育現場の悩み 「動け!せんせいロボット」と銘打ったこの取り組みは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング