写真

日本の雇用において賃金上昇や女性の社会参入を阻んでいる要因は何か。そして解決の道はあるのか、鶴光太郎教授(右)とともに探っていきます(撮影:尾形文繁)

東洋経済オンラインでの連載「育休世代VS.専業主婦前提社会」に大幅加筆した書籍、『なぜ共働きも専業もしんどいのか~主婦がいないと回らない構造』。これに合わせて、有識者らにインタビューをして本著の議論をもう一段進める。第4弾は、慶應義塾大学大学院商学研究科の鶴光太郎教授。 ■日本は正社員の中にさらに格差をもたらす二重構造状態 中野:日本の雇用システムは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング