写真

人材の流動性の高めることは、イノベーションにとって本当にいいことなのでしょうか?(写真:metamorworks/iStock)

経営学者の清水洋氏は、アメリカ・イギリス・オランダ・日本の名門大学で研究を重ねたイノベーション研究のトップランナー。「インターネットから人工知能まで、アメリカ発のイノベーションが圧倒しているのはなぜか」「日本企業は、本当にアメリカ企業より劣っているのか」――清水氏の新著『野生化するイノベーション』から、一部抜粋し再構成のうえ日米間の格差の真相に迫ります。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング