写真

2000年以降の甲子園において大会通算投球数の多かった主な投手

甲子園に出場する投手が、過剰な投球数によってひじや肩を壊してしまう問題。これまでもたびたび指摘されてきたが、今年の甲子園(第101回全国高等学校野球選手権大会)では、例年以上に過剰投球に関する議論が盛り上がっている。 7月に行われた岩手県大会では、U18日本代表の合宿で高校生歴代最速となる163km/hを記録した大船渡高校・佐々木朗希投手が決勝戦に登板せず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング