写真

マツキヨの松本清雄社長(左)とココカラの塚本厚志社長。1兆円規模のドラッグストア誕生に向けて協議を進める(撮影:尾形文繁)

「これから生き残っていくのではなく、勝ち残っていくための道を模索するために、今回マツキヨを相手先として選んだ」。ココカラファインの塚本厚志社長は、8月22日に都内で行われた会見の席上で、このように語った。 ドラッグストア業界7位のココカラは8月14日、同5位のマツモトキヨシホールディングスと経営統合に向けて独占的に協議を開始する、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング