写真

JR東海が5月に行った異常時の外国人乗客対応訓練(撮影:尾形文繁)

増加する訪日外国人客への対応は東海道新幹線でも喫緊の課題となっている。JR東海は今年5月、異常時における外国人乗客への対応を想定した訓練を初めて実施。営業運転終了後の深夜にN700Aの車内で、パーサーが多言語対応ウェブサイトにアクセスする方法を外国人乗客に英語で説明する模様を報道陣に公開した。 しかし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング