写真

サウジアラビアの石油施設が無人機の攻撃を受け、生産量の半分に影響。原油価格が急騰している(写真:AP/アフロ)

サウジアラビア東部の石油生産設備が9月14日、無人機(ドローン)の攻撃を受けたことで原油価格が急騰している。 ニューヨークの原油先物価格WTIは13日の1バレル54.85ドルから約15%上昇し、16日には同62.9ドルへ急騰した。 折しも米中貿易摩擦などによる世界経済の減速懸念が出ており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング