写真

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の採用ホームページは就活生からの評価が高い(撮影:尾形文繁)

就活の基本はまず自己分析、続いて業種研究と企業研究だ。この企業研究で学生が最もよく利用するのが企業の採用ホームページだ。 リリクナビ、マイナビなどの就職ナビは、フォーマットに則って作られており、企業の個性はよく見えない。企業の誇りや自信が表れるのは、自らが企画工夫して作る自社の採用ホームページだ。そんな採用ホームページを学生たちはどのように評価しているのだろうか? HR総研は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング