写真

爆撃されたサウジアラビアの石油施設。「その背後にはイランがいる」とアメリカは疑っている(写真:ロイター/アフロ)

つかの間の安定に、世界が”油断”していたときだった――。 9月14日、サウジアラビアの油田地帯で東部州にある、国営石油会社サウジアラムコの石油施設が爆撃された。サウジアラビア石油相の声明によると、この攻撃によって、サウジアラビアの石油生産の50%に相当する、日量570万バレルの生産が止まった。これは世界の原油供給量の5%にも相当する量だ。 同石油相によれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング