写真

社会から孤立する人が増える中で、若い世代でも目を向けなければならない問題だ(写真:bee32/iStock)

年間約3万人と言われる孤独死――。 長年、孤独死の取材をしていると、その現場からは私たち社会が抱える大きな課題と現状が浮き彫りになる。今回は、30代の孤独死の現場から、私たちが生きる日本社会のリアルな現実を伝えたい。 特殊清掃人の上東丙唆祥(じょうとうひさよし)さんは、ある日、60代の女性から依頼の電話を受けた。 「部屋のモノをすべて処分してほしい」 関東某所のアパートの1室で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング