写真

YouTubeは世界各国にクリエーターが使えるスタジオなどを備えた「YouTube Space」を展開している(写真はグーグル日本法人オフィス内)。より多くの動画投稿を促し、広告ビジネスの拡大も狙う(写真:YouTube)

アメリカのIT大手グーグルが2006年に動画投稿プラットフォーム「YouTube(ユーチューブ)」を16.5億ドル(当時のドル円レートで約2000億円)で買収した際、その価格を「高すぎる」と指摘する声も少なくなかった。グーグルの持ち株会社アルファベットはいまだにユーチューブ単独の収益を開示していないものの、四半期毎の決算会見では増収の牽引役だと繰り返し述べている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング