写真

日本ラグビー界には古くから海外出身者を受け入れてきた歴史と土壌があります(写真:AP/アフロ)

ワールドカップで快進撃を続けるラグビー日本代表。今大会、その成績もさることながら、注目されるのが「海外出身」選手の多さだ。メンバー31人中、実に15人が海外出身。なぜこんなにも多いのか。 ラグビーの代表資格が「国籍主義」ではなく「協会主義(地域主義)」、つまりどの国でプレーしているかによること、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング