写真

ファンド筋も、個人投資家も「相場は再び下落する」と思っている人が多いようだ(写真:ロイター/アフロ)

8月9日の安値(取引時間中の価格は2万0110円)から約2000円高となった日経平均株価。1000円ほどの調整を入れた後、2段上げに入り、ようやく年初来高値を更新してきた。 ■売り方は、まだ「これから相場が下がる」と思っている 「能天気な強気」と揶揄されながら、めげずに強気を貫いてきた筆者としては納得した展開だ。ところがいよいよ「大踏み上げ」(買い戻し)が入るかと思いきや、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング