写真

米投資ファンド・ブラックストーンへの回答期限は本日。ユニゾはどんな回答をするか(撮影:梅谷秀司)

「結局、当事者であるユニゾ以外のステークホルダーにとっては“敵対的買収”ではなく、歓迎すべき買収だったのではないか」 ある外資系M&Aアドバイザーは、不動産やホテルなどを手掛けるユニゾホールディングスをめぐる一連のTOB(株式公開買い付け)に関して、このように指摘する。 そもそものきっかけは、今年7月。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング