写真

「数字」を無条件に信用すると足をすくわれることがあるかもしれません(写真:klss/PIXTA)

ビジネスでは「数字」で判断することがつねに求められます。また、プレゼンしたり誰かを説得するときにも「数字」が決め手になることがよくあります。 しかし、客観的で公正と思われるその「数字」が、実は間違っていたり、あるいは悪意を持って恣意的に操作されたものである場合もあるのです。『ダークサイドオブMBAコンセプト』を上梓した、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング