写真

スラックのスチュワート・バターフィールドCEOは「僕たちのミッションは、仕事や生活をよりシンプルに、快適に、生産的にすることだ」と強調する(撮影:佐々木 仁)

Eメールの時代は終わりを告げるのだろうか。ビジネスチャットアプリを手がけるアメリカのスラック・テクノロジーズの勢いはそんなことも感じさせる。2014年2月にパソコンやスマートフォン向けにアプリの提供を始め、日本語版は2017年11月に始まった。今や世界で1000万人以上のデイリーアクティブユーザーを抱えており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング