写真

転職の理由によっては今の会社にとどまったほうがよい場合があります。慎重になるべき理由とは?(写真:Mills/PIXTA)

最新の総務省『労働力調査』によれば、2018年の転職者(就業者のうち前職があり過去1年間に離職を経験した人)は8年連続で増加し329万人でした。 転職者比率(就業者に占める転職者の割合)は2018年平均で4.9%、年齢別にみると男女共に15〜24歳が最も高く、男性は10.4%、女性は12.2%と、20代前半以前の若手においてはおよそ10人に1人が転職しているという結果です。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング