写真

北朝鮮でミサイル実験が頻繁に再開されている意味とは(写真:REUTERS/KCNA)

日本人は新年をスマホの「警告音」で祝うことになるかもしれない。北朝鮮のミサイルの到来を告げる警告音で。 12月7日、北朝鮮は西部の西海(ソヘ)衛星発射場で、おそらく新しいタイプの大陸間弾道ミサイル(ICBM)用固体燃料エンジンの実験を行った。この発射場は、昨年のミサイル実験凍結の声明の一環で閉鎖されていた。 かつて日本に向けてミサイルを発射していた北朝鮮東部の発射場も、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング