写真

萩生田光一・文部科学相がポスターの印刷を依頼した業者との関係とは(撮影:尾形 文繁)

選挙の際に立候補者のポスター代金を公費負担する制度をめぐり、「候補者側からの請求金額が過大だ」「水増し請求ではないか」といった疑念がつきまとっている。そのため、地方選挙では住民監査請求が引きも切らない。 この問題に関連し、2017年の衆議院選挙で東京都から選出された現職議員37人(小選挙区と比例復活)の実態を調べたところ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング