写真

1月15日にホワイトハウスで行われた署名式の様子。左が中国の劉鶴(リウホー)副首相。右がトランプ大統領(写真:ロイター/アフロ)

アメリカと中国の両国が「第1段階」の通商合意の調印式を1月15日にホワイトハウスで行った。この背景には、トランプ大統領にとっても習近平国家主席にとっても「因縁の大地」ともいえるアイオワ州が深く絡んでいる。前編記事:『「第1段階の米中合意」に透ける習近平の因縁』 ■選挙戦においても重要となるアイオワ州 トランプ大統領の再選はあるのか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング