写真

ロボットベンチャー「シャフト」の売却後、アメリカで水道管の破損確率を解析するAIベンチャー「フラクタ」を立ち上げた加藤崇氏。来日時に自身がオーナーを務める渋谷のカフェで取材に応じた(記者撮影)

日本のベンチャーをグーグルが買収――。2013年の年末、一躍世界の脚光を浴びたヒト型ロボットのベンチャー企業「シャフト」。この売却を成功させたのが、当時最高財務責任者(CFO)を務めていた加藤崇氏だ。 東京大学大学院の博士課程でロボット研究をしていた中西雄飛CEOをはじめとするエンジニアたちは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング