写真

Ganapati PLCとゲームを共同開発したというウサイン・ボルト氏は「ガナパティとボルトの時代の始まりに過ぎない」と語る(同社のWebサイトより)

その「投資会社」は、オンラインカジノや暗号資産開発への出資を誘い、日本国内で166億円という多額の資金を集めた。ところがこの投資会社は必要な登録を行わずに資金を集めていた。しかも、投資先としていたイギリス籍の親会社のオーナーはたった1人の日本人だった――。 証券取引等監視委員会(監視委)は3月13日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング